読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山奥のヨガ修行

どうもどうも三浦です。

 

突然ですがインドと言えば?

 

 

 

カレーですね。

 

そりゃもうカレーですよ。

 

じゃあカレー以外では?

 

 

 

なにが思い浮かんだでしょうか。

 

タイトルの通りヨガと答えて頂いていたら、

私の思いがしっかり伝わっていますね。

 

 

 

この前インド生活終盤にして、

初のヨガを経験してきました。

 

それでは今日のテーマ行きましょう。

 

 

山奥のヨガ修行

~ただ山でゆっくりした話~

 

時は、2017年冬。

 

インドのバンガロールで、

インターンシップに励む若者がいた。

 

身長166センチ。好物カレー。

 

彼は伝説のヨガ仙人に会うためn。。。

 

 

 

 

 

 

 

さて、インターン受入機関の社長が、

私にインドの文化を知ってほしいということで、

私を山に派遣してくれました。

 

オフィスの隣でヨガスクールをしているので、

そこでいいのではないかな、とも思いつつ

折角なので山に行ってまいりました。

 

タイトルは山奥にしていますが、

車で30分ほどの、何なら丘でした。

 

朝10時ごろついて、何をするかと思ったら

お昼ごはんを食べて、お昼寝して、

散歩して、チャイ飲んで、夕飯食べて、

 

寝ました。

 

あれ、ヨガしてない。

 

金曜日から連れて行ってもらったのですが、

まさかの一日目ヨガしないという。

 

これは驚きました。

 

ただただ自然と田舎暮らしを見ただけ。

クラクションの嵐から抜け出せたのは

良かったけれども!

 

 

 

 

というわけで二日目です。

 

朝5時半に起床。

朝が弱い私にはつらかった。

 

そして何やら洞窟の中に入っていきます!

わくわくわくわく

 

洞窟と言っても人工的なもので、

音の跳ね返りのいい構造でした。

 

その洞窟で何をするかというと、

 

瞑想

 

です。

 

!!!!

 

はやりの!!(流行ってるのか知らないけれど、)

 

そういえば小学校の時の修学旅行で

禅体験をして瞑想したことがありました。

 

とういことで、人生二度目の瞑想。

 

まず最初に足を組むのですが、

わかりますかね、なんか、

あぐらかいて下に来てる足を

 

ぐいっと上にもってくる座り方。

 

断念しました。

 

痛すぎて瞑想どころじゃなかったので。笑

 

そんなわけで普通に座って瞑想。

 

ところで頭空っぽにするのって

すごく難しくないですか?

 

何も考えないようにって思っていると、

急にわけわからないこと思い出したり、

随分あってない人のこと思い出したりしました。

 

瞑想用のスペースなので余りにも静かで、

一緒に瞑想してる人が少し動いたら気付く。

そんな感じでした。

 

そんな中で急に社員の一人が、

 

おーーーーーーーーーーーーー

 

って

 

びく!!!!ってなりました。

 

なんというか声というか、

口と鼻の両方開けて、胸から音を出している感じ。

伝わるでしょうか。

 

後で何をしていたのか聞いたら、

Aum(オウム)だって、

バイブレーションで神様と、、、

とかなんとか

 

あぁあの有名な宗教団体の名前は

ここから、、、

 

その辺はいいとして、瞑想中に他の人が

思いっきり声出すもんですから、

こっちは瞑想どころではありません。

 

そりゃ声出してる人はなんか神秘的な感覚に

陥っていることでしょう。

 

でもこっちの身にもなって!!なんて

なぜか瞑想に本気になっていました。笑

 

 

 

さてその後はいよいよヨガです!

 

結論先に言うと、

 

意外と疲れるなヨガ。

 

これは驚きました。

 

何だかんだずっとスポーツはやってきたし、

今でも筋トレはしているのに、

あれ? 結構疲れるぞ?ってなりました。

 

ヨガの印象って、ストレッチの進化版かな

っていうくらいで、あまり知りませんでした。

 

これが、思いのほか色んな筋肉を使うし、

バランス力いるし、中々です。

 

どんなポーズかを絵で描こうと思ったのですが、

あんまりにも下手なもので諦めました。

あー!これよく見るってのだけ描いて載せてみます。

 

どうぞ。

f:id:Jugaad-INDIA:20170124013253j:plain

 

 

これ、よく見ますよね。

 

わかりにくいですか?

どこかの遺跡に書いてありそうな絵になりました。

 

わからない方のために(ほとんど)説明しますと、

上の細いのが手で、手のひらを合わせて上に伸ばしています。

かろうじて円になっているのが顔。

下の方はもちろん足で、片方の足の裏が、

もう片方の足の内ももに付いている状態です。

 

この絵を真似してみてください。

ほら! よく見るヨガのポーズになりましたね。

 

これもなかなかバランス力が問われるポーズでした。

 

 

 

さてこうして二日目に初めてヨガをしたわけですが、

その後は、食事と睡眠と散歩でした。

 

2日目、瞑想1時間、散歩1時間、ヨガ1時間、

昼寝2回 それぞれ1時間半で3時間。

 

あれ、何しに来たんだっけ。

 

ネットも繋がりにくかったため、沢山本読めました。

 

 

 

 

さて三日目!

 

結論からいうと、瞑想0、ヨガ1時間終わり!

 

ヨガしに来たのにヨガ2時間だけ!!!笑

 

もう、ただただクラクションの

嵐から逃げた3日間でした。

 

クラクションについて触れておくと、

今インド時間の22時過ぎににこのブログを

書いておりますが、外からクラクションの音が

絶え間なく聞こえております。

 

ストレス!! もう気になりませんが。

 

 

 

全然ヨガをしなかった三日目ですが、

まさかの人生初体験をしました!

 

それは、インド人が愛してやまないこちら!

f:id:Jugaad-INDIA:20170124014607j:plain

牛さんの

 

乳しぼり!!

 

ここの施設では

(学校とかもあって何の施設なのかはっきりしませんでした。)

鶏、アヒル、犬、牛。

様々な動物を飼っていました。

 

二日目の朝に、乳しぼりをしている光景をみて

(乳しぼりの彼がヨガのインストラクターだった)

「やってみたい!」と頼んでみました。

 

インドに牛は沢山いるけど、まさか

乳しぼりができるだなんて!

 

人生初めての経験に興奮する三浦。

 

実際触ってみると、意外とざらざら?

結構強くやるんだなぁ!なんて感動していたら、

 

べし!!!!!

 

っと尻尾で叩かれました。

 

いやもう、尻尾見るからに汚いし、笑

 

尻尾ってまぁお尻についているので、

多少あの、あれがついているでしょうし、

そもそも体のハエをたたくために

付いているような尻尾で。

 

ばしって。

 

テンション死にました。笑

 

これが、現場か!

自然は甘くありませんでした。

 

f:id:Jugaad-INDIA:20170124015601j:plain

 

凄まじい勢いで出るミルク。

 

いい経験でした。

 

 

 

さて、ヨガはあまりしませんでしたが、

ゆっくりした時間を過ごせて満足しました。

 

その間にゆったりと過ごす田舎暮らしの人を見ながら、

 

人間食べ物があったら死なないし、

そうゆう生活も悪くないな、なんて考えていました。

 

もちろん定住しないといけないので、

不作だったりしたときには大変だし、

都会で暮らせば得られるものを諦める

ことにもなります。

 

それでも、何でもかんでも、お金だ、成長だ、

テクノロジーだとかいってせかせかするよりも、

豊かな時間が流れているのかもな、とも思いました。

 

行ってみてよかったです。

 

 

 

 

ヨガもっとしたかったけど。

 

三浦